ライブレポート

MUCC 孵化 2016/7/30 @ 広島クラブクアトロ

#ムックツアー2016秘湯巡り

 

六月からスタートしたツアーも折り返しに入った七月三十日。ムックツアー2016秘湯巡り、十軒目の広島クラブクアトロ。入り口向かいの番台には、「当日券有りマス」の文字が。

f:id:lrchu_ak:20160731221801j:image

(靴は履いたまま)荷物を下駄箱に預け、入浴券をもぎってもらったあと、真っ直ぐ進むと正面左手に脱衣所(ドリンク交換カウンター)と、浴室への扉が目に入る。Zeppなどは、男女(上手下手)で扉が分かれているが、ここは女湯(下手)からのみ、浴室に向かうことができ、その重い扉を開けた。

※当たり前ですが、みなさん洋服は着てらっしゃいます。全裸ではありません。あしからず。ちなみにゆっけさんは、このライブの前日、ほとんどの時間を全裸で過ごしたそうです。

 

SE「ーーーーー。」

「痛絶」のインストから「盲目であるが故の疎外感」、そして「茫然自失」へ。真っ赤に染まった浴槽を目にして、確信した。最高の一日になると。

逹瑯が、"今日は殺されないから……ブチ殺してやるよ「KILLEЯ」!! "と叫ぶように死刑宣告をした後、上手へダイブ。大サビ前にゆっけと入れ替わるように下手に来たミヤが、<焼け焦げた胸を刺す 猛毒のような口づけで ほら "殺しておくれ">のフレーズに合わせ、自身の心臓をトントンと小さく叩く。逹瑯とミヤが背中を合わせ交わりあう「JOKER」では、ゆっけが気まずそうに2人を背を向けていた。

ミヤがギターをかき鳴らした「咆哮」で、一斉にヘドバンが起きる。そして展開が多くライブ映えする「悲しみとDANCEを」では、逹瑯が手を大きく動かしながら歌う姿が印象的だ。

イントロで大きな歓声に包まれた「極彩」で重厚なサウンドを叩きつけると、「梟の揺り篭」、「誰も居ない家」と一気に攻め込む。そのあとは京都でも披露された「空虚な部屋」で浴室の空気は一転。新曲「トリガー」から、軽快で疾走感のある「サル」へと繋げ、観客を盛り上げる。ミヤの新たな相棒の初お披露目となった「1979」、懐かしいメロディアスな一曲「翼を下さい」と予想不可能なセットリストで、観客の心を奪ってゆく。

 

<ムックを始めてから何十、何百とやってるライブでも、お客さんの中には今日だけの子もいるってことを忘れないように、今日を最高のものにしたいと思います>逹瑯のMCに大きな拍手が贈られる。そして「家路」、「ハイデ」と優しく包み込むような歌声に涙が出た。

さとちが前に身を乗り出すと「前へ」。イントロから飛ばし気味のドラムに、逹瑯が「早いわ!」と何度も曲中に突っ込む(笑)。「Mr.Liar」ではベビィなサウンドに逹瑯の地を這うようなデスボイスが乗る。彼らの激しさに応えるように夢烏たちも一斉にヘドバンを繰り出す。そしてラスト「TONIGHT」。凄まじい轟音の中、逹瑯が上を見上げ「          」とこぼす。ムックは、全てを出し切ったような笑顔を浮かべ、ステージを去った。

 

アンコールの声に応えゆっけ、さとち、逹瑯、ミヤの順で登場。「1979」、「翼をください」の2曲で披露されたミヤの新たな相棒との出会いなど軽快なMCを挟み、ゆっけ作詞作曲の新曲「CLASSIC」を披露! 観客から手拍子が起きるとゆっけは嬉しそうな笑顔を浮かべていた。

地元・茨城を舞台にした「1997」で、全員がジャンプで一つになる。ミヤが<広島ァァーー!!来い来い来い来いッッ!!!>と煽った「MAD YACK」では、観客が左右に分かれ激しくぶつかり合うWODが起こり、「ENDER ENDER」へと休む間もなく畳み掛けていく。

ラスト「蘭鋳」のギターイントロに合わせ"ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!"とかけ声と手拍子が響き、サビではモッシュが起きる。逹瑯が、全員をその場に座らせると<まだこれで19年って怖くない?20周年楽しみにしてて頂戴よ。その前に広島、全員死刑!!>と彼の絶叫を合図に、汗を流すミヤがギターをかき鳴らし、さとちのカウント4で、一斉にジャンプ!浴室をぐちゃぐちゃにして、ステージを後にした。

 

本当に笑顔に溢れた、最高の一日をありがとうございました!リーダーのツイートを読んで、ライブハウスを風呂に変換して書いてやったぜ。