ライブレポート

VAMPS ACOUSTIC DAY 2016/7/17 @ NAMBA Hatch

美しい夜会に響く重厚な音色。

 

7月6日のZepp Nagoyaを皮切りにスタートしたVAMPS恒例の籠城型ツアー<VAMPS LIVE 2016>。同ツアーは、普段行われている”通常公演”のほか、VAMPSでは初の試みとなる”ACOUSTIC DAY”、学生限定の”STUDENTS ONLY DAY?"、男女の観覧エリアが異なる"BEAUTY & THE BEAST”とバラエティに富んだ4種の公演を日替わりで開催。

 

7月17日4公演目を迎えた”ACOUSTIC DAY”。招待状を手に指定された座席へ。漆黒の幕に浮かぶ時刻が、開演の時を静かに告げると大きな拍手と共に幕が開き、夜景の美しいビル街をバックに、HYDEK.A.Z、そして総勢10名の演奏者が姿を現す。

ギターの前奏に乗せて、HYDEが歌いだしたのは「FAITH」。伸びやかな歌声に女性コーラスが絡み合う。続く「JESUS CHRIST」では、ブルーの照明の光によってダークな匂いを醸し出す。Apocalypticaとのコラボレーション曲「SIN IN JUSTICE」、「THE PAST」と披露。Unpluggedでも演奏された「DAMNED」はコントラバス奏者の影が、幕に映し出され、各パートごとにピンスポットが当てられる。憂愁を帯びた歌声が印象深く残る「REPLAY」は、アレンジによって壮大な楽曲に変貌を遂げていた。

大きな拍手を受けた後は、「SAMSARA」、そして「MY FIRST LAST」を披露。緑のレーザー照明が、会場全体に降り注ぎ幻想的な雰囲気を醸し出す。HYDEが一輪の薔薇を手にしっとりと「VAMPIRE'S LOVE」を歌い上げる。メンバー紹介のあとは、「THE JOLLY ROGER」、「LOVE ADDICT」と手拍子で、会場はひとつに。緊張の糸がほぐれてきたころ、MCを挟み「DEVIL SIDE」へ。HYDEの呼びかけに合わせ、彼のリクエスト通り、少し上品にレスポンス(笑)。ボサノバ風のアレンジが加わった「ANGEL TRIP」では、小さく小さくタオルを回すにHYDEに合わせて、観客もタオルを回す。 

温かみのあるオレンジの照明に包まれるなか演奏された「MEMORIES」は、今まさにこの瞬間を大切に歌っているような、そんな優しさを感じるような声だった。最後を飾るのは「SWEET DREAMS」。星空のような照明が美しく壮大なラストに心をグッと掴まれた。

 

アンコールの声に応え、ゆっくりと幕が開き、HYDEK.A.Zの2人で「EVANESCENT」を奏でる。本編とは異なり、シンプルなアコースティックを聴かせてくれたVAMPS

最後にはHYDEがマイクを通さず「ありがとうございました。」と告げ、観客は彼らに惜しみない拍手を贈った。