ライブレポート

AKi HEADZ UP & DO IT! 2016/6/18@高松DIME


商店街アーケードの中にあり、元映画館の趣を残す高松DIMEで、AKiにとって初の四国公演が上演された。

 f:id:lrchu_ak:20160624231850j:image

定刻18:00。ソールドアウトではないものの、多くのファンで溢れたフロア。暗転すると1stライブから共に音を奏でてきたサポートメンバー、MOTOKATSU/宮上元克(Dr)・加藤貴之(Gu)・佑聖(Gu)の3人が、ステージ上手にある階段を下りて登場。最後にAKiが姿を現し、ステージ中央へ向かうと大きな歓声が送られる。
今ツアーに合わせて製作された新曲「HEADZ UP」で封切り、AKiの"行くぞ、高松!!"を合図に、オーディエンスは前へと押し寄せる。その熱量に応えるように激しいナンバーが続く。佑聖アレンジのセッションでは、マイクから離れ自由に動き回るAKiが印象的だ。

暗転を挟みフロアの空気は一変する。美しくも叙情的な「wait for you」、儚さの中にも力強さを感じる「Day1」へと繋げてゆく。そして天を仰ぐとそっと十字を切り、柔らかなギターの音色に  への想いを乗せ「pray」を歌い上げる。そしてフロアが深い青に染まると重厚なメロディが特徴の「ジウ」へ。マイクスタンドに手をかけて下ろし、舐めるように歌うAKiの妖艶さが、曲の魅力をさらに引き出し、オーディエンスを魅了する。そして佑聖との掛け声が特徴的な音源未収録の「libido」から、ラストナンバー「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」まで一気に畳み掛け、本編を終えた。

 

グッズを身につけ現れたAKiとMOTOKATSUの2人。目を合わせ一味違った楽曲「Fx$k the WORLD!」を披露。そしてAKiが苦手だと公言するMCタイムでは、昨日の香川オフの話で盛り上がるも、最後にすべってしまうところが彼らしい(笑)。
それぞれが楽器を手にすると、AKiが"みんなの夢が叶いますように”とミディアムバラードの「tonight」を披露。そこから勢いをつけ「The Inside War」まで駆け抜けた。ベースにキスを落とし、ステージを後にするも、鳴り止まないアンコールの声に再びステージへ。「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」"やろっか"と笑顔を向けると、オーディエンスも一気に沸く。AKiはキッズに戻ったように目を輝かせ、満足げな笑顔で全てを出し切っただろう。

1M.A.Dでは経験することのなかったライブハウスで、初披露の新曲を頭からぶつけてくるところが彼らしい。どの公演よりも熱く、純粋に楽しむことが出来た。少しライブに行かない間にフロントマンとしてどんどん成長しているAKiをとても誇りに思う。
ファイナルのZepp DiverCityで、彼に素敵な景色を見せてあげたい。