読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブレポート

シド FC ID-S旅行@新潟県 苗場プリンスホテル

※ネタバレ禁止等の案内もなかった為、書きましたが、見たくないという方はお戻りください。また明希さん中心です。あしからず。

時は遡り、6/28のID-S発足10周年記念YEAR「会員限定ライブハウスツアー 2015」@Zepp Diversityで突如発表された今回のFC旅行。大阪発着の当選枠はバス2台分の80人。入手困難な切符を運良く手に入れ、参加してきました。
▽ゲストパス
f:id:lrchu_ak:20151124151118j:image

新大阪発着組は23:55集合、0:15出発と他のコースに比べ最も早い出発だ。バスへと乗り込み部屋番号やパーティの座席などが記入されたゲストパスを受け取る。添乗員からの説明のあと、シドからのメッセージDVDを深夜1時頃に観賞。5ショット撮影のことや、メンバー全員が楽しみにしているパーティのこと。約2分程度にも関わらず期待で胸がいっぱいに。

渋滞もなく予定よりも早い午前9時に苗場プリンスホテルに到着。ホテルの部屋から見える景色は銀世界ではなく、人工雪の積まれた芝生。マオの「この時期だからホテルを貸切できた」という言葉にも納得。
f:id:lrchu_ak:20151124151202j:image

f:id:lrchu_ak:20151124151213j:image

最初のイベントは15時からのウェルカムタイム。開場の遅れもあり、エレベーターホールや廊下にファンが溢れるハプニングも。入場後、指定された座席へと向かうとそこにはスタンプラリーの用紙が。そして写真展の開催と2つのサプライズが用意されていた。メンバーが登場すると長旅の疲れも吹き飛び、会場は大きな声援に包まれる。旅行への意気込みなどを語る。その後それぞれ撮影会までの時間を使いスタンプラリーや写真展を巡る。

まず写真展へと足を運ぶとシド 男限定ツアー2015“男魂 -otodama-”と並行して開催されたシド 女限定ツアー2015“乙魂 -otodama-”、全てを締めくくった会員限定ツアーファイナルの幕張メッセの写真パネルを展示。写真撮影可能エリアには数百枚の写真で作られたS♡Uの文字が。
▽S♡U写真
f:id:lrchu_ak:20151124150828j:image

後方にはシドへのメッセージを付箋に書いて作るS♡Uの文字も。たくさんの想いが込められたメッセージはメンバーの元へと届けられた。
▽S♡Uメッセージ
f:id:lrchu_ak:20151124151030j:image
明希 Instagramより引用

一方スタンプラリーは“Mから始まる部屋の誕生日番号”“ゆから連想するあったかい場所”“シから始まる大人の場所”“アから始まるレストラン”の順にホテルの中を探索。メンバーデザインのスタンプを全て揃えると、メンバーの写真が印刷された缶バッチを受け取ることができる。スタンプの横にはメンバーの等身大パネルが設置され、写真撮影も可能。マオくんパネル(16時ごろ)は約1時間待ちの列も・・・!
▽スタンプラリー
f:id:lrchu_ak:20151124151322j:image

その後5ショット撮影の会場へと向かう。番号を呼ばれ列に並ぶとよりみんなの緊張が伝わってくる。前の人の撮影が終わると素早く着席しカメラマンの『せーの!』の声に合わせて表情やポーズを決める。(事前に会話等禁止の案内があり)メンバーの表情を確認する間もなく席を立ち、フィルムをスタッフから受け取る。約2時間もの間、1100人との撮影をこなす彼らの負担を考えると凄いものだ。特に他の参加者からも声が上がっていたが、明希は表情やポーズを次々と変えていて、写真を見ても疲れを感じさせなかった。
▽5ショット撮影時間案内
f:id:lrchu_ak:20151124151413j:image

撮影後の夕食は和洋中、そして新潟の郷土料理が並ぶビュッフェ形式だ。デザートにはSIDの文字やロゴの入ったケーキなども並び、ホテル側の粋な計らいも嬉しい。
▽デザート
f:id:lrchu_ak:20151124150813j:image

そしてメンバーも楽しみと語っていたパーティの司会には、シド主催イベントCollabo BANG!でもお馴染みのBooさんが登場!ノリの良い進行っぷりにファンの笑い声も絶えず聞こえてくる。サイコロトークでは“おいしかった話”で都内駅前のしゃぶしゃぶを食べに行き、2人前も食べてしまったという明希。“今一番気になる人”はYouTuberのはじめしゃちょーで、Booさんを通じて知り合う日も近そう。そして“バンドをやっていなかったら、何の職業に付いていたか?”には、なれるかどうかは別として学校の先生と回答。音楽だとベタだから(女子高)で体育の先生に。気に入った子には「あと5周!走ってこい」と言う意地悪な一面も(笑)。

メンバー愛を確かめるゲームでは“明希が最近ハマっている漫画は?”マオとゆうやがハロウィンで仮装していたやつ!(2人ともタイトル分からず)と自信満々に言う中、shinjiのみ「ジャングルの王者ターちゃん」と回答(笑)。もちろん正解は『東京喰種』。続いて“明希が朝起きて一番最初にすることは?”にゆうやが「大きな舌打ちをする」、shinjiは「コロンを叩きつける」とそれぞれが抱くイメージを回答するも正解は「うがい」といたって普通。

10分の休憩を挟んだ後は、くじ引きで決まったマオ&shinjiチームと明希&ゆうやチームに分かれ巨大ジェンガ対決!メンバーもドキドキハラハラしながら、順番にブロックを抜いて上に乗せていく。ゆうやが黄色のブロックを抜く際に倒してしまい、罰ゲームの激辛カレーをパクリ。あまりの辛さに水を一気飲みする明希と、黙り込むゆうやだった。

その後、事前にファン配られていた風船をメンバーが直接回収し数を競う風船ゲーム、メンバーの私物や写真展のパネル、非売品グッズなどが当たるプレゼント大会も実施。約4時間にも及ぶパーティにファンも大満足だったに違いない。そして写真撮影後、深夜までファンを楽しませるために頑張ってくれたメンバーやスタッフにも感謝したい。


そして2日目、最終日。最後の挨拶……♡ではマオの落選した子への想いや、明希のスタッフとのミーティングを重ね旅行が成功したことなど、メンバー1人1人の言葉が胸に刺さる。そんな中、1番最初に言葉を述べたゆうやからフライングでこの後に握手会があることが告げられる。思わぬ3つ目のサプライズに笑顔のファン。札幌、大阪と苗場を出発する順番に列を作る。そしてゆうや、明希、shinji、マオの順に握手をし、見送ってもらった。出口でメンバーからのお土産、ライブ写真のポストカードを受け取る。そのままバスへ乗車し、11:00頃苗場を出発、21:00頃に新大阪へと無事に到着し、解散となった。
f:id:lrchu_ak:20151124231810j:image