読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブレポート

シド 2015/09/05@Zepp Namba

シド 2015/09/05@Zepp Namba

シド 女限定ツアー2015「OTODAMA-乙魂-」。今年はID-S限定ツアー以来、2度目の大阪公演となる。ライブはメジャーデビュー曲「モノクロのキス」でスタート。明希さんのコーラスが響く。MC後は10周年イヤーに発売されたシングル「ANNIVERSARY」、「サマラバ」と続く。07年発売の「smile」では会場はさらに盛り上がる。そして“セツナ美しい”がコンセプトの「嘘」では「「上手に騙してね 嘘は嫌いで好き」君の言葉」のフレーズでマオくんに指差し&目線をいただいたような……。

ピンクの照明に切り替わると流れてきたのは懐かしのナンバー「刺と猫」。明希さんがゆらゆらと腰を動かしながらベースを弾く姿は凄艶だ。そして私が高校生の時に発売された「sleep」を久しぶりに耳にし、心地よさを感じた。最新のナンバー「ENAMEL」、アルバム「OUTSIDER」から「MUSIC」とアグレッシブなナンバーを連発。続く「Dear 大阪」、「one way」で会場のボルテージも最高潮に達する。

そしてアンコールの声に応えて、こちらも懐かしのナンバー「紫陽花」、個人的に思入れの強い「アリバイ」、カップリングナンバーの「歌姫」を連投。「エール」ではメンバー全員がいい笑顔を見せてくれた。そして「Sympathy」で最後かと思いきや、マオくんから「この曲が盛り上がったらもう一曲追加する!」と嬉しい言葉が。もちろん全力を出しきり追加されたのはファンからの人気も高い「眩暈」。マオくんの言葉通り8割は男だったと思うくらい熱い女限定ライブだった。マナーの面で言いたいことは山積みだが、ここでは辞めておこう。


追伸。
「モノクロのキス」のPVで明希さんの色気がただ漏れのシーンがありますが内緒にしておきます。
参照▶︎マオくん過去ブログ