読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブレポート

Acid Black Cherry 2015/8/1@舞洲野外特設会場

Acid Black Cherry 2015/8/1@舞洲野外特設会場

4年に一度の“ABC Dream CUP”と題したフリーライブが、名古屋、東京(千葉)に続き大阪・舞洲野外特設会場で開催された。この日、大阪は38℃という猛暑に見舞われたにもかかわらず、35,000人が来場。3箇所での来場人数はフリーライブ国内最多となる10万人を動員。ファイナルとなった大阪公演「黒い太陽」からライブをスタートさせると「罪と罰~神様のアリバイ~」、「I’m not a ghost」へ繋ぎ、09年に発売されたアルバム「Q.E.D」のナンバーが続く。

MCでは、前回のフリーライブに触れつつ、猛暑のためファンを気遣うトークも。今回はステージの方向に太陽の日差しが入るように設計されており、恐らく客席よりも暑いステージの上でyasuは「この後、死のうと思って来てるんで」と、発言(笑)。

後半には、USENリクエストランキングで1位を獲得した代表曲「イエス」や、最新アルバム「L-エル-」からポップな「7colors」とファンに人気もチューンも。そして「ピストル」、「SPELLMAGIC」のイントロが流れると、再び場内のボルテージが上昇。しかしライブが終わりに近づくにつれ、救護室へ向かう人が続出し、救急車のサイレン音も。そんな中、最初から最後まで休まずヘドバンをしていたお姉さんはすごい。

本編終了後、ブロックの外は、飲み物を買い求める人で長い列ができていた。私も張り切りすぎて、首を負傷したためアンコールからはブロック外の日陰へ。
アンコールは「so good night」と「その日が来るまで」。久しぶりにアコースティックverを演奏したとyasu。MCの後には「ABC!」の掛け声が恒例の「楽園」、「L-エル-」のリード曲「エストエム」を披露。ラストには“みんなの心に届けます”「20+∞Century Boys」!!あの日会場にいた誰もの目にあの夕焼けは焼きついていることだろう。

いつもいつもファンのことを考えているABCの想いが、たくさん詰まったライブだった。しかしその想いにファンが答えられているか?と問いかけられると困ってしまう。それが今の私の答えだ。