ライブレポート

MUCC 孵化 2016/7/9 @ 京都FANJ

MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-

 f:id:lrchu_ak:20160712121756j:image

衝撃だった。
M.A.Dが幕を閉じてから約3ヶ月、毎日ムックを聴いていた。YOUTUBEで見るライブ映像じゃ物足りず、DVDも買って見た。頭で覚えるのではなく身体に染み込ませるように手元にある楽曲は1曲も零さず聴いた。そして、迎えた、七月九日・京都FANJ

 

フロアに入ると男性二人が笑顔で「始まったら前行ってもいいっすよ?」と話している。横の女の子はフィンガーリングを付けた手で、きゅっと靴紐を結んでいた。

キャパ約600人、満員御礼のソールドアウト。夢烏がフロア内に入りきらず、通路にまで溢れている。久々に感じるライブ前特有の高揚感。ステージには、過去にリリースされたアルバムタイトルの頭文字を羅列したツアータイトルが掲げられ、期待は高まる。

 

暗転。SE「666」が流れ、メンバーが姿を現すと前に押し寄せる夢烏。イントロと同時に悲鳴に近い大きな歓声が沸いた「空虚な部屋」、そして「赤い空」。感情を吐き出すように言葉を紡ぐ達郎の声に重なるミヤのコーラスが艶かしい。「KILLER」で滅茶苦茶にされた後は、歌謡テイストのメロが特徴の「JOKER」へ続き、見せ場でもある逹瑯とミヤの濃厚な絡みに頭を抱える。

MCを挟み「謡声」や「悲しみとDANCEを」を披露。逹瑯が手を前へ差し出すように「我、在ルベキ場所」を歌い上げる。哀愁たっぷりな「カナリア」、そして「儚くとも」から「語り部の詩」といった楽曲でオーディエンスを魅了する。

長く、深くお辞儀をした逹瑯が、静かに「トリガー」と呟く。<MUCC QUEST VI ~天空のお兄さん~>の早朝ライブで初披露された新曲だ。ノンストップで、ミヤとSATOちがタイミングを合わせると「ハニー」のイントロに入る。少しニヤニヤしている逹瑯とYUKKEを横目に、アダムとイブがヤってイエスが生まれた。よかった。このあとに「はりぼてのおとな」をもってきたのは、わざとだろうか。おどろおどろしい不気味な音がフロアを包み込む。しかしどうしても<ムックの日チケット発売SPりは☆すた!ムック!>を思い出して”ふふっ”と笑ってしまう。悪いのはミヤくんだ。決して私が悪いわけじゃない、はず。

「この線と空」そしてMCを挟み、アカペラ始まりの「家路」、ミラーボールの演出が美しい最新シングル曲「ハイデ」と新旧織り交ぜた楽曲で構成されたセットリストに酔いしれる。どこか懐かしいメロディを残しつつも、20周年を見据えた彼らを象徴するような流れだなぁと感じた。勢いを加速するように畳み掛けた「ENDER ENDER」、「Mr.Liar」にフロアも大暴れ。逹瑯の叫び声が響き「TONIGHT」で本編は幕を閉じた。

 

アンコール。YUKKE、SATOち、逹瑯、ミヤの順に姿を現し、前日のタクシートラブルの話やガラケーにまつわるトークなどを繰り広げる。オーディエンスの熱気からか、フロアの空気が薄く普段よりも少し長めのMCタイムのあとは、YUKKE作詞作曲の新曲「CLASSIC」(9/14発売)、『T.R.E.N.D.Y』のおまけ曲「1997」! 会場がぎゅっとひとつになった「名も無き夢」、本公演を締めくくるのはライブの定番曲「蘭鋳」。曲中、逹瑯が全員を座らせ(本当に後ろまで全員座れた。すごい) SATOちのカウントで一斉にジャンプ! と共に前へ押し寄せる。最後の最後にフロアをぐちゃぐちゃにして、彼らはステージを去った。

 

 

M.A.Dからどっぷりとハマり、ようやくムック初ワンマンに足を運ぶことができて喜びでいっぱいである。こんなに気持ちのいい汗をかいたのも、感情的になったのも、興奮したのも久しぶりだった。少し前のARMAGEDDON VSシドでなぜ落ちなかったのか、もっと早くこの魅力に気付きたかったと何度も思ったが、後悔しても過去は戻ってこないので、私はこれから20周年を向かえる彼らを1年目ながら追い続けようと思いました。次は羽目を外さなければ岡山です。わくわく。

AKi HEADZ UP & DO IT! 2016/6/18@高松DIME


商店街アーケードの中にあり、元映画館の趣を残す高松DIMEで、AKiにとって初の四国公演が上演された。

 f:id:lrchu_ak:20160624231850j:image

定刻18:00。ソールドアウトではないものの、多くのファンで溢れたフロア。暗転すると1stライブから共に音を奏でてきたサポートメンバー、MOTOKATSU/宮上元克(Dr)・加藤貴之(Gu)・佑聖(Gu)の3人が、ステージ上手にある階段を下りて登場。最後にAKiが姿を現し、ステージ中央へ向かうと大きな歓声が送られる。
今ツアーに合わせて製作された新曲「HEADZ UP」で封切り、AKiの"行くぞ、高松!!"を合図に、オーディエンスは前へと押し寄せる。その熱量に応えるように激しいナンバーが続く。佑聖アレンジのセッションでは、マイクから離れ自由に動き回るAKiが印象的だ。

暗転を挟みフロアの空気は一変する。美しくも叙情的な「wait for you」、儚さの中にも力強さを感じる「Day1」へと繋げてゆく。そして天を仰ぐとそっと十字を切り、柔らかなギターの音色に  への想いを乗せ「pray」を歌い上げる。そしてフロアが深い青に染まると重厚なメロディが特徴の「ジウ」へ。マイクスタンドに手をかけて下ろし、舐めるように歌うAKiの妖艶さが、曲の魅力をさらに引き出し、オーディエンスを魅了する。そして佑聖との掛け声が特徴的な音源未収録の「libido」から、ラストナンバー「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」まで一気に畳み掛け、本編を終えた。

 

グッズを身につけ現れたAKiとMOTOKATSUの2人。目を合わせ一味違った楽曲「Fx$k the WORLD!」を披露。そしてAKiが苦手だと公言するMCタイムでは、昨日の香川オフの話で盛り上がるも、最後にすべってしまうところが彼らしい(笑)。
それぞれが楽器を手にすると、AKiが"みんなの夢が叶いますように”とミディアムバラードの「tonight」を披露。そこから勢いをつけ「The Inside War」まで駆け抜けた。ベースにキスを落とし、ステージを後にするも、鳴り止まないアンコールの声に再びステージへ。「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」"やろっか"と笑顔を向けると、オーディエンスも一気に沸く。AKiはキッズに戻ったように目を輝かせ、満足げな笑顔で全てを出し切っただろう。

1M.A.Dでは経験することのなかったライブハウスで、初披露の新曲を頭からぶつけてくるところが彼らしい。どの公演よりも熱く、純粋に楽しむことが出来た。少しライブに行かない間にフロントマンとしてどんどん成長しているAKiをとても誇りに思う。
ファイナルのZepp DiverCityで、彼に素敵な景色を見せてあげたい。

VAMPS LIVE 2016 ZEPP FUKUOKA THE FINAL PARTY 2016.05.07

5月9日で16年の歴史に幕を閉じるZepp Fukuokaで08年から同開場でライブ行ってきたVAMPSが5月6.7日に「VAMPS LIVE 2016 ZEPP FUKUOKA THE FINAL PARTY」を開催。本公演を含め最多公演記録を31本に更新するなど、彼らだけでなく、ファンにとっても多くの思い出が詰まったこの場所でFAIAL PARTYの名に相応しい圧巻のステージを見せた。

f:id:lrchu_ak:20160509173843j:image

約20分遅れで会場がオープン。フロアで最初に目にしたのは、VAMPSライブではお馴染みのスクリーンに投影された時刻【06:52】。既に会場内は興奮に満ちていた。異様とも言える熱気の中、10.9.8...とカウントダウンが始まり、スタートを告げる定刻【6:66】を迎えた。2010年のBEASTツアーでも使用されたポールダンサーのセクシーなシルエットが印象的なオープニングに懐かしさを感じると共に歴史を振り返るような演出に期待も高まる。

妖艶なライブナンバー「DEVIL SIDE」で幕が上がり、フロアがヘドバンの波と化す「LIPS」、Ju-kenのパフォーマンスが見所の一つでもあるHYDEのソロ曲「DOLLY」へと続く。『最後だから自分の壁を壊していこうぜ』と観客を煽り「REPLAY」、「EUPHORIA」へ。真っ白な衣装に身を包んだHYDEが床に手をつき、艶かしく身体をくねらせる。

JINのピアノを先導に空気は一変「SWEET DREAMS」の穏やかな音色に包まれる。久しぶりに披露された「EVANESCENT」は一語一句に感情を乗せて歌うHYDEの姿が印象的だった。その後も「ZERO」、「COUNT DOWN」、「AHAED」、「TROUBLE」を続けて披露し、オーディエンスも過熱していく。HYDEの『Are you BLOODSUCKERS?』の問いかけから怒涛の「BLOODSUCKERS」へ。スポットライトで真っ赤に染められたフロアは熱気に包まれる。本編ラストの「MIDNIGHT CELEBRATION」に繋げ、全てを出し尽くしステージを降りた。

アンコールを待つ中、突如”VAMPS LIVE 2016”の文字が目に飛び込んできた。全国4箇所(札幌・東京・名古屋・大阪)、全20公演のツアー、そして毎年恒例の夏イベント”VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY”の関西初開催が発表され、歓喜に満ち溢れたフロアにVAMPSが再びステージに現れる。

「THE JOLLY ROGER」でアンコールがスタート!さまざまな情景が蘇る「MEMORIES」は心の深いところに刺さるような歌声だった。MCを挟み「HUNTING」では2階席からゴールデンボンバーの喜矢武 豊がサプライズで登場し、大きな歓声に包まれる。HYDEに冗談で『こっち来なくていいよ』といじられつつも、喜矢武が登場したかと思いきや、今話題の「KSK」が流れ喜矢武のお面をかぶったDAIGOも登場! 彼の結婚披露宴の話題になるなど会場は一気に祝福モードに。そして「ANGEL TRIP」では、HYDEとDAIGOの2人のボーカリストに笑顔がこぼれる。さらにオールナイトイベントに登場したASH DA HEROを呼び込み「LOVE ADDICT」へ。HYDEK.A.Zが向かい合いギターを弾く姿に歓声が上がる。

そしてクライマックスはKEN LLOYD (OBLIVION DUST)と稲木亮介(彼女 in the display)を迎え「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」でFAIAL PARTYを締め括った。

 


この日震災の影響等で会場まで足を運ぶことができなかった人の分まで、(ラストは)思いっきり楽しむことが出来たライブだったと思う。HYDEさんが『ライブレポートとか書いてあげて』とMCで話していたので、ひとまず纏めました。

次のツアー日程に福岡は無く、寂しい気持ちもあるけれど、この2日間がスタートだと思って前を向きたい。

ーーLIVE 2015

0125 THE BAWDIES/京都KBSホール(京都)
0131 AKi/タワーレコード梅田NU茶屋町店(大阪)
0207 VAMPS日本ガイシーホール(愛知)
0301 VAMPS大阪城ホール(大阪)
0517 シド/Zepp Nagoya(愛知)
0620 シド/Zepp Namba(大阪)
0621 シド/Zepp Namba(大阪)
0725 SM/京セラドーム(大阪)
0801 ABC/舞洲特設会場(大阪)
0905 シド/Zepp Namba(大阪)
0920 L'Arc〜en〜Ciel/夢洲特設会場(大阪)
0921 L'Arc〜en〜Ciel/夢洲特設会場(大阪)
1024 THE BAWDIES/滋賀U-STONE(滋賀)
1109 THE STRYPES/なんばHatch(大阪)
1121-22 シド/苗場プリンスホテル(新潟)
1205 VAMPSなんばHatch(大阪)
1206 VAMPSなんばHatch(大阪)
1212 VAMPSなんばHatch(大阪)
1213 VAMPSなんばHatch(大阪)

ライブ20、インスト1、FC旅行1 (計22)

広告を非表示にする

MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016 「M.A.D」2016/3/13

MUCCとAKiがダブルヘッドライナーを飾り、彼らの所属事務所DANGER CRUEの頭文字をとったM.A.Dツアー。1/23の三郷公演を皮切りに各地を巡ってきた彼ら。ツアーも後半を迎え、事務所の大先輩でもあるHYDEもゲスト出演をした満員御礼の滋賀公演をレポートします。

f:id:lrchu_ak:20160314203505j:image

トップバッターで登場したのはAKi。昨年ソロ活動始動させた彼にとって、このM.A.Dツアーは初めての全国ツアーとなる。前半の大阪公演はフロントマンとしてまだまだ未熟な部分も多くもどかしい気持ちになったが、急成長を遂げていたーー。
定刻を少し過ぎたころ暗転と共に大きな歓声が沸くと、真っ白な幕の向こうで「Ray」を歌うAKiの影が映し出され、ぐっと彼の世界観に引き込まれていく。
「Fahreheit」と同時に幕が開き、「Be Free」とロック色の強い展開にオーディエンスも拳を上げる。1stアルバム『AIRES』、そして最新ミニアルバム『Ephemeral』で構成されたセットリストで、短いMCの後「FAIRY DUST」、「FREAK SHOW」で身体を揺らす。ベースソロでは、真っ赤なスポットライトに染められたAKiの姿に惹き付けられる。続く「Path of Ligh」ではどの会場よりも大きなクラップが鳴り響き、会場が1つになれた瞬間だった。
ライブも中盤を迎えるとアップテンポな構成から一転。アコースティックギターの温かい音色に柔らかい歌声が胸を打つ「Day1」。そしていつも以上に情感を込めた「LOOP」は美しいファルセットを交えながら声をマイクに乗せる。艶かしくマイクスタンドをなぞり魅了していく。ブレイクタイムを挟み、「In Vain」と「ジウ」では重厚でヘビーなメロディとAKiが醸しだす色気が絡みあう。
ここでギターの2人がステージを去るとBASS & DRUM SESSIONタイムへ。AKiは妖艶に激しくベースを奏でつつも、拳をあげ観客を煽る。何度見ても彼がベースを抱くように弾く姿はたまらない。
そして”一緒に歌ってください”と「Sing it Loud」を披露。スクリーンにコーラスの歌詞も表示され、オーディエンスも一緒になって歌う。さらに短い曲ながらもインパクトのある「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」、ツインリードがかっこいい「Brave New World」の2曲をたたみ掛ける。AKiはマイクを通して歌うことをやめ、観客の目の前でベースを激しくかき鳴らす。ラストを飾るのは「The Inside War」。会場のボルテージは最高潮に達し、いい形でMUCCへバトンを渡した。

大阪の後に参戦した広島公演でAKiさんの成長っぷりに驚かされたが、”頑張っている”部分が見え隠れしている以上、MUCCや普段演奏をしているシドを超えるような余裕から生まれる伸び伸びとしたパフォーマンスを見ることは難しいと思っていた。けど、本公演は、正直今までのAKiとは大きな”差”を感じ、心の底からいいライブだったと思う。本当にいいライブが生まれた。きっとこのライブを通してまた一歩成長した彼にしか魅せることのできないパフォーマスを是非、次回の中野サンプラザでも見せ付けてほしい。

VAMPS LIVE 2015-16 JOINT666 2016/1/24@ Zepp Fukuoka

全国的に大寒波が訪れ、福岡県全域に大雪警報発表が発表されるなど、大混乱のなか決行されたVAMPS Zepp Fukuoka最終公演。交通機関の麻痺で会場まで来ることが出来なかった人たちの分まで、現在の彼らの姿を目に焼き付けてきた。

f:id:lrchu_ak:20160125142835j:image

真っ赤な幕に投影された数字が定刻の16:66を示すと同時に「MIDNIGHT CELEBRATION」のSEが流れ、凄まじい歓声に包まれる。左右に幕が開くと左目に眼帯を付けたHYDEがオーディエンスを煽り、スタートからアグレッシブに攻める。荒々しさと繊細さを併せ持つ「LIPS」、2010年のシングル曲「DEVIL SIDE」へと展開し、一気にVAMPSのダークな世界観へと引き込まれていく。HYDEが影響を受けたMotley Crueの楽曲「LIVE WIRE」では、HYDEのおしりが見えるうれしい(?)ハプニングも。そして哀愁や切なさが漂うK.A.Zのギターリフに魅了される「GHOST」、「I CAN FEEL」へと続く。

アグレッシブで悪魔的な「EVIL」の後、Ju-kenのベースが鳴り響くと同時に会場が大きく沸いた。各地で演奏されてきた「MADE IN HEAVEN」で、観客がさらに前へと押し寄せる。先日のZepp Nagoya公演に出演したAPOCALYPTICAとのコラボ曲「SIN IN JUSTICE」、HYDEとJu-kenが向かい合い音を奏でた「ZERO」。そして後半に向けて勢いのある「AHEAD」、「ANGEL TRIP」、「TROUBLE」とVAMPSライブで欠かせない定番曲を繰り出す。会場の外では雪が降り積もっているとは思えないほど、感情が高ぶる。会場が真っ赤に染まると「BLOODSUCKERS」、「KYUKETSU」でたたみ掛けるように本編が終了。

「REVOLUTIONⅡ」でアンコールはスタート。その後のMCでK.A.Zが今ツアーと、5月で閉館が決まったZepp Fukuokaの思い出を振り返る。そしてHYDEは雪を連れて来てしまったこと、交通機関の麻痺で本公演に来ることが出来なかったファンについて話し『この大雪の夜は忘れない、良い思い出になると思うよ』と語り、伸びた声が綺麗な「SWEET DREAMS」をしっとりと歌い上げる。

そしてクラップが鳴り響くとVAMPSの原点とも言えるファーストシングル「LOVE ADDICT」を披露。HYDEK.A.Zが向かい合いギターをかき鳴らす。19曲のラストを飾るのはもちろん「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」だ。Zepp Fukuoka最終公演は興奮に包まれていた。メンバー、観客の誰もが笑みを浮かべていただろう。最後にHYDEはバラを撒き『また来るから、首洗って待ってろよ!』と叫びステージを去った。


余談になるが、最終日「MADE IN HEAVEN」を必ず演奏する自信が私にはあった。セットリストを考えているHYDEが覚えているかどうかは不明だが、彼らがVAMPSとして初めてZepp Fukuokaでライブを行なった2008/8/30の1曲目が、この曲だったからである。今までにない、何か特別な思いを感じた、そんなライブだった。

MADE IN HEAVEN/2015年

私を狂わせる罪深い曲

f:id:lrchu_ak:20151222154959j:image

HYDEソロ時代を含めVAMPSは、皆さんご存知の通り、かっこよくて素晴らしい曲をたくさん持っています。しかし私は「MADE IN HEAVEN」が大好きで、ライブ前は"必ず"この曲 を聴きたいと強く願い、会場へ足を運んでいると言っても過言ではないのです。なんならセットリスト1曲目からラストまで全て「MADE IN HEAVEN」でも構わないですし、むしろ大喜びです。(でも疲れそう)

今年JOINT666開催時から(遅い)VAMPSは「MADE IN HEAVEN」を1年間で何度演奏しているのか疑問に思い、数えてみました。今回はその結果をお伝えしようと思います。

f:id:lrchu_ak:20151222155859j:image

2015年、VAMPSは 国内外で75本もライブを行なっておりその中の9回は演奏していました。多いも少ないも考え方は人それぞれです。でもお願い「MADE IN HEAVEN」もっとやろう!と思うのです。だって私はこの曲が楽しくて大好きなんだもの。以上。
広告を非表示にする